model house Ibuki
非日常を、日常に。夫婦二人で暮らす平屋の木の家。
夫婦二人の為の平屋。コの字型に設計された「息吹木」は家のどこからでも中庭の自然を感じることが出来ます。
自然に寄り添うこと、間取りを工夫すること、住みやすい動線を考えること、現代に適した断熱省エネ性能を有すること、全てが揃って初めて日常の中に非日常がとけ込んだ、ゆたかな生活が実現できます。ちょうどいい平屋生活を体感してください。
モデルハウス「息吹木」の外観
  • モデルハウス「息吹木」の土間玄関
    特別な空間を演出する
    玄関土間
    息吹木の玄関には二つの動線があります。普段使いの玄関。そしてお客様を直接客間にご案内できる動線。洗出しの玄関土間と天井の羽目板が醸し出す高級感は玄関に非日常をもたらします。
モデルハウス「息吹木」の和室入り口 モデルハウス「息吹木」の和室入り口
お客様目線の動線
和室客間への二つの動線。玄関土間から直接客間へ行けるため生活空間を見せずに済みます。
また、もう一つの動線は旅館をイメージした廊下に。日々の来客が楽しみになる工夫です。
  • モデルハウス「息吹木」の和室
    目指したのは居心地の
    好い和室
    畳は琉球畳風のものを使い、床柱には主張しすぎない杉の絞り材を使用。しつこくならないようシンプルな材を集めた和室。気をはらずゆっくりとした時間の流れる和室に仕上がりました。
  • モデルハウス「息吹木」の和室入り口
    目線で楽しんでもらうのも
    「おもてなし」です。
    客間に座すると正面は丸窓。ちょうど目線の先になるように設計しました。中庭の美しい紅葉が目に入ります。四季にそれぞれ表情を変える中庭に自然を切り抜いた丸窓は、壁に掛けた絵画のようです。
モデルハウス「息吹木」の廊下
廊下は明るく一番の見せ場に
廊下は暗く狭いイメージがありますが、息吹木では特注窓を設え明るく、中庭の自然を一番感じられる特別な空間に仕上げました。
平屋は廊下が長くなりがちですが、考え方を変えるだけで素敵な空間になりますね。
  • モデルハウス「息吹木」の寝室
    寝室からは一番の景色を。
    廊下に面した寝室は8帖。建具を開けると中庭の景色が飛び込んできます。平屋だからこそできる勾配天井も寝室を演出しています。
  • モデルハウス「息吹木」のリビング
    自然素材が心地好いLDK
    16帖のちょうどいいLDK。床には浮造り仕上げを施した杉無垢材を使い足裏から心地好さが伝わります。壁には珪藻土を塗り、自然素材が作り出す空気感を体感してください。もちろん掃き出し窓からは中庭を楽しめます。
    五感で家を楽しめるメイン空間です。
  • モデルハウス「息吹木」のキッチン
    統一感のあるキッチンと
    考え抜いた家事動線
モデルハウス「息吹木」の収納スペース モデルハウス「息吹木」の収納スペース
キッチン、洗濯室、WIC を回遊動線で繋ぐ
キッチン背後の洗濯室は、南側に配置。またその隣にWIC の収納を配置しました。「洗濯→洗濯物を干す→洗濯物を収納する」を一つの動線に集約し、余計な動きを無くしました。
  • モデルハウス「息吹木」の全館空調を実現する通気口
    全館空調で一年中快適で
    健康的な生活を。
    息吹木は断熱性能、省エネ性能にもこだわりました。高い断熱性と気密性を有する息吹木に全館空調を設えました。廊下や水回りすべての部屋が一定の温度に近くなり年中心地好い空間にしてくれます。健康的な暮らしがすべての基礎にあります。
モデルハウス「息吹木」のコルク床トイレ モデルハウス「息吹木」の洗面台
コルクの床が温かい水まわり
息吹木は断熱性能、省エネ性能にもこだわりました。高い断熱性と気密性を有する息吹木に全館空調を設えました。廊下や水回りすべての部屋が一定の温度に近くなり一年中心地好い空間にしてくれます。健康的な暮らしがすべての基礎にあります。
モデルハウス「息吹木」の庭 モデルハウス「息吹木」の庭
植栽計画も大切な家づくりの要素です
玄関アプローチ、中庭の植栽。家の外と中での見え方を考えました。植栽は数年後に完成します。そこもふまえて植栽計画をすることが大切です。
YouTube